リサラは脇汗に効果なし?にならないための正しい使い方

 

リサラの正しい使い方

リサラは脇汗に効果なし!話が違う(#´Д`)

 

それはもしかしたら、リサラの使い方に問題があるのかもしれません。

 

脇に塗るだけのジェルなので、特別難しいことはないのですが、リサラの使い方にはちょっとしたコツがあります。せっかく使うなら、制汗効果をしっかりと発揮できる正しい使い方をマスターしましょう。

 

朝の外出前
清潔な状態の脇にたっぷり脇からはみ出すくらい広範囲に塗ります。

 

外出中の塗り直し
脇の汗や汚れをふき取ってから、サッと塗ります。

 

その日、最初に塗るときはたっぷりめ、パール1粒大くらいの量を塗ります。

 

リサラは速乾性があるので、多めに塗っても、すぐに乾いて洋服に着く心配はありません。

 

とにかく、ケチらないこと!市販の制汗剤に比べると、ちょっとお値段が高めなので、ケチケチしたくなるかもしれませんが、量が少ないと効果が半減する可能性があります。結果的には、損することになるので、適量をきちんと塗りましょう。

 

それでも、制汗効果がいまいちの時には?
2度塗りをします。1度塗ったのが乾いた後、もう1度塗ります。特に、気温が高い季節にオススメの方法です。

 

リサラに配合されている「クロルヒドロキシアルミニウム」は、使うほどに成分が浸透して、汗を抑える効果を発揮しやすくなります。また、天然由来の成分が制汗効果をサポートしてくれます。

 

多めに塗っても、肌荒れのリスクも低く、敏感肌の人でも安心して使えるようになっています。

 

リサラは、携帯に便利な軽くてコンパクトな容器なので、いざという時のためにバッグに入れておけば、外出中でも安心です。

 

リサラを実際に使った体験レビュー、脇汗への効果、成分、最安値販売店の情報をトップページで詳しく紹介しています。

 

>>トップページはこちら