制汗剤でかぶれる!敏感肌でも安心して使える制汗剤は?

 

制汗剤でかぶれる!敏感肌でも安心して使えるのは?

制汗剤で脇の下がかぶれた経験はありませんか?

 

私はあります。最もポピュラーなスプレータイプの制汗剤で肌荒れを起こしました。

 

スプレータイプの制汗剤は、手軽だし吹きかけた瞬間はヒンヤリして気持ちいいですよね。でも、気温が高いとすぐに汗ばんでくるので、頻繁にシューシュー吹きかけていたら、ある日脇の下にかゆみが!ついうっかり掻きむしってしまったら、余計にかゆみがひどくなって、脇の下が赤くボロボロの状態になってしまいました。

 

いったん制汗剤の使用をやめて、病院で処方された保湿剤で何とか治まりました。

 

ただやはり制汗剤は必要なので、同じことを繰り返さないためにも、なぜ肌荒れを起こしてしまったのかを調べてました。

 

制汗剤でかぶれる原因

市販の制汗剤には、防腐剤、酸化防止剤、香料、パラベン、アルミニウム、冷却剤、噴射剤といった肌のかぶれやかゆみを引き起こしかねない添加物が配合されています。

 

また、パウダー入りの制汗剤の場合、サラッとして気持ちはいいのですが、使いづけるうちにパウダーが毛穴を防ぎ、炎症を起こす原因となります。

 

制汗剤の汗を抑える効果は、スプレー<ロールオン<スティック<ジェル(またはクリーム)の順になります。

 

実はスプレータイプが、いちばん汗を抑える効果が弱いというか持続しにくいんですね。

 

スプレーを吹きかけても、すぐに汗ばむと感じてましたが、やはりでした。結果的、頻繁にスプレーして、肌荒れを起こしてしまったわけです。

 

制汗剤でかぶれやすい人は、スプレータイプは避けた方がいいと思います。※あくまでも個人的な意見で、スプレータイプを否定するものではありません。

『脇汗を抑えたい、でもスプレーはかぶれる!』

 

そんな人にオススメしたいのが

  • 肌に優しい天然由来の成分を配合
  • 余分な化学物質を排除している
  • ジェルタイプで汗を抑える持続力が高い

この条件を満たしているのが「リサラ」です。

 

リサラは敏感肌の人でも安心して使えるように、合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラペンといった添加物を一切排除して、さらに、制汗作用に天然由来の成分を採用しています。

 

ただし、リサラには「クロルヒドロキシアルミニウム」が配合されています。

 

「あれ?アルミニウムって、塩化アルミニウムとどう違うの?」

 

塩化アルミニウムといえば、制汗効果の高い成分としてよく知られていますが、肌トラブルを起こしやす成分でもあります。

 

クロルヒドロキシアルミニウムは塩化アルミニウムの仲間ではありますが、クロルヒドロキシアルミニウムの方が安全性の高い成分です。

 

そのため、最近ではクロルヒドロキシアルミニウムを配合した制汗剤が増えています。「エイトフォー」や「Ban」にも配合されています。

 

クロルヒドロキシアルミニウムは使い続けるほど、発汗量が減るという試験データもある有効成分です。

 

リサラはジェルタイプで肌に直接塗りこむために、有効成分が浸透しやすく、制汗効果が持続しやすくなっています。スプレータイプのように頻繁につける必要もなし!サラッとした使い心地でべたつく心配もなし!

 

かぶれなくて、持続力のある制汗剤を探している人にオススメの制汗ジェルです。

 

リサラを実際に使った体験レビュー、脇汗への効果、成分、最安値販売店の情報をトップページで詳しく紹介しています。

 

>>トップページはこちら

 

>>リサラの公式サイトで商品の詳細を見たい方はこちら